こんな時こそ文化の灯を!

皆さんご無事でしょうか?

こんな時こそ音楽を聴きましょう。画集とかをお持ちなら絵を観ましょう。

コロナでグローバリズムの反動などと言われてはいますが、音楽にも絵にも国境など関係ないです。

音楽、芸術は癒しであり、楽しみであり、生きる根幹なんです。暇つぶしじゃない。

家にいて、TVのコロナのニュースやネットやスマホのニュースばかり見ていては気がめいります。

TVを消して、目を閉じて、リラクゼーションCDもいいですね。

もちろん、みなさんの好きな音楽でいいんです。

ロックでもジャズでもボサノバでもJ-POPでも演歌でも、何でもいい。

本当は聴くだけじゃなくて、演奏することもいいんですよ。

私ももちろん音楽を聴くのは好きですが、それと同じくらい演奏するのが楽しい。

最近はあまりできていないですが、音楽を演奏することは私の生きがいです。ギターを弾いているとき、ブルースハープを吹いているとき、すべての辛いことも忘れられます。

イタリアやフランスで住民の皆さんが、マンションの窓越しにギターとかバイオリンとか演奏してましたね。

日本もやればいいのですが、難しいでしょうね。

そんなこと始めたら、顰蹙なんでしょうね。

カラオケボックスもいけないし。みんなストレスたまりますよね。

スマホにダウンロードして聴いていない音楽はありませんか?youtubeで好きな音楽を見つけてもいいし、昔好きだった音楽を検索して聴くなんていいですね。何でも出てきますから。

そういうのを聴いてもいいですね。

読書や録画リストや癒し画像を観るのもいいですけど、集中できない場合もあるでしょう。長時間だと疲れますしね。

音楽なら流れるからいいですね。何かをしながらでも、横になっていてもいい。絵もただ見るだけで癒されます。

閑話休題。

昔に比べたらましだとは思いますが、日本(特に政治)はやはり芸術に冷たいと感じます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00010007-newsweek-int

「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、今や生命維持に必要なのだ」

こんなことを言える日本の政治家がいるでしょうか。

もちろん政治や経済は大切ですが、生きるためには文化も非常に重要なものです。

最近、私が好きなのが、小田和正さんの「東京の空」という曲と(まともなリンクがないのですみません)、

そして、私のレジェンド、トゥーツ・シールマンス。

https://www.youtube.com/watch?v=yKnG_9q4crA

絵だったら、好きな絵はいっぱいあるけど以下ですかね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/雨、蒸気、速度――グレート・ウェスタン鉄道

みなさん、無理なく芸術を楽しんでくださいね。こんな時こそ。